NEWS

2021/04/28 プレスリリース

個人M&A成約事例第一弾、コロナ下で独立を決意した40代女性看護師が石川県企業をM&A、能登島うさぎの楽園で夏は園⻑、閉園中の冬は看護師の二足のわらじで新たな働き方を実現

〜譲渡企業の社名公開型「オープンネーム」募集での成約事例〜

個人の独立開業を支援する株式会社アントレ(本社:東京都港区、代表取締役社長:上田隆志、以下「当社」)は、コロナ下で高まる独立ニーズに対応するため、2020年3月から独立希望者と事業承継先を探す地方企業をマッチングする、個人M&A支援サービスを展開してきました。

その第一弾として、コロナ下で独立を決意した47才の女性看護師 宮下ますみ氏が、石川県企業の「バニファランドのとじま」の事業承継を実施し、この度代表に就任したことをお知らせします。

なお、宮下氏の代表就任に伴い、4月25日に石川県七尾市能登島のうさぎ園「バニファランドのとじま」で就任式を開催し、新旧代表が交代したほか、今後、能登島のうさぎの楽園で夏は園⻑、閉園中の冬季は看護師の二足のわらじで新たな働き方を実現します。また、本件は、通常のM&Aで一般的な譲渡企業の社名を非公開で進める「ノーネーム」に対し、譲渡企業の社名を公開する「オープンネーム」募集での成約事例となります。

▲創業者である越井清一氏(右)から経営を引き継ぐ宮下ますみ氏(左)

当社は、地方都市の課題である事業承継問題の解決と独立希望者のサポートを目的に、2020年3月から石川県の七尾街づくりセンター(今年三月末で事業終了)と連携し、七尾市の企業を事業承継し、独立したい人を支援する取り組みを行ってきました。この取り組みは、当社が運営する独立・開業情報サイト「アントレ( https://entrenet.jp/)」にて、事業承継に課題をもつ七尾市の企業の引き継ぎ先を募集し、移住サポートを整えたうえで、独立希望者へ事業承継のサポートをするものです。

本件では事業承継の募集としては珍しく、具体的な情報をオープンにする形での公募スタイルを徹底している点が特徴で、その魅力を確実に伝えるために、公募段階で具体的な社名や経営者の写真を公開しました。これにより、経営者の顔が見え、事業内容の詳細が把握できることで、具体的に事業の引き継ぎイメージがわき、同時期に掲載している他の独立開業プランと比べて顕著な反応へとつながっています。

創業者であり前経営者である越井氏は、平成3年、石川県金沢市にうさぎ専門店「バニーファミリー」を開店、うさぎの繁殖研究を重ね、独自の交配理論を築きあげ、バニーファミリーのオリジナルのラビットを育ててきました。平成27年3月には石川県七尾市能登島町に「バニファランドのとじま」をオープン。自らハーブを育て、シロツメクサや甘草、野草を摘んでうさぎの健康的な育成に努めてきました。30年この事業を続けてきましたが、高齢で体力的にも厳しくなったため、うさぎとひとをつなぐ「うさぎの楽園」を守ってくれる人に、バニファランドを託したいという思いから、今回の事業承継を決意しました。

事業承継する宮下氏は、能登半島の石川県中能登町出身です。20年以上看護師として勤める中、患者へのセラピーを考え、うさぎとのふれあいでとても癒されたことをきっかけにバニファランドの承継を考え、事業承継に応募しました。春・夏・秋はうさぎ園園長、閉園中の冬は看護師として二足のわらじで新たな働き方を追求しています。

今後も、越井氏は、宮下氏の相談やアドバイスする立場としてバニファランドを支える予定です。

■前経営者:越井 清一(こしい せいいち)氏のコメント


バニーファミリーを開店して30年、71歳になりました。体力的にも厳しくなったこともあり、若い人の発想でより良くしてほしいという想いを込めて、2,3年前から事業承継を考えていました。私は宮下さんにバニファランドを託しますが、いろんなことを教えていくため、ずっといるつもりです。今後ともよろしくお願いします。

■新経営者:宮下 ますみ(みやした ますみ)氏のコメント


看護学校をでて看護師を20年以上勤めてきました。今も病院で働いています。このコロナ下で医療関係者のみなさんはその対応に大変な思いをして働いています。このような中で、看護師として働く時間を半分にしてまで、周りに迷惑をかけて事業承継してもいいのか、悩んで迷うこともありましたが、このような状況だからこそ、ストレスフルで働いている方々に、癒やしの場を提供したいと思い、バニファランドは残すべきだと考えたので事業承継することにしました。初めてのことで大変なこともありましたが、越井さん、七尾街づくりセンターの浜田さん、家族に支えられてここまで来ました。能登島にいらっしゃったみなさんに笑顔が生まれるよう頑張りますので、よろしくお願いします。

 

アントレ独立ワークスラボ所長:菊池 保人(きくち やすひと)のコメント


アントレでは、できるだけ情報を公開して独立開業への支援をしてきました。今回のバニファランドの事例のように、この小規模M&Aになる事業承継案件でも、アントレを訪れる個人が比較検討できるレベルで情報をオープンにすることで魅力を確実に伝え、新しい一歩を踏み出そうとしている人たちのきっかけとなり、支援をし続けたいと考えています。
宮下さんは、いろいろ悩まれたそうですが、バニファランドを今の時代に残すべき事業だと確信してその事業承継に取り組みました。さらに冬は看護師も続けていくという新しい働き方にもチャレンジしています。今の仕事に加えて、もう一つ働く軸をもつ、これからの人生100年時代、新たな働き方のひとつになるんだと考えています。

新型コロナウイルス感染拡大と緊急事態宣言の状況は、独立開業には逆風であることは間違いないですが、これを機に働き方・生き方を見直す機会として機能し始めていると私たちはとらえています。

 

■アントレの会社概要

・個人の独立開業を支援するため、フランチャイズ・代理店・業務委託募集等のインターネット広告事業とイベント運営を実施。1997年より、独立のために必要な情報を集約した日本最大級の独立開業専門サイト「アントレ ( https://entrenet.jp/ )」を運営。カスタマの興味関心のある独立開業プランへの「資料請求&資料ダウンロード、説明会予約」機能を提供している。先輩の成功談・失敗談や企業検索から説明会・個別面談会情報まで比較検討できるフォーマットで提供する点が特長。

・アントレのカスタマー(会員数)は30万人を超え、240件以上のフランチャイズ・代理店・業務委託募集といった独立開業プランを掲載することで、週3,000~4,000件の資料請求や説明会予約につながっている。(2021年3月現在)

・当社のビジョンに掲げている「独立した働き方」の啓発を目的に、2020年7月から独立ワークスラボ( https://corp.entrenet.jp/fellow/ )を設立し、「独立」に関する社会背景や独立開業に踏み出す人々の最新動向を発信することで、個人を軸にした多種多様な働き方の浸透に取り組んでいる。

社名:株式会社アントレ
代表取締役社長 :上田隆志
所在地:〒107-6111 東京都港区赤坂5-2-20赤坂パークビル11階
事業内容:独立した働き方を支援するインターネット広告事業と展覧会・イベント等企画及び運営。
URL:https://corp.entrenet.jp/

 

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社アントレ 広報担当 菊池(独立ワークスラボ所長)
TEL:080-7002-8166   MAIL:pr@e.entrenet.jp

pagetop